先日、と言っても約2週間ほど前からGoogle Adsenseの画面上部に下記のような表示が出るようになりました。

また、アカウント情報画面には以下のフォームが表示されていました。

本記事ではGoogle Adsenseで上記のような表示が出た時の対応について書いていきたいと思います。

住所確認とは

まず、Google Adsenseの住所確認とは一体なんなのでしょうか。

Google Adsenseの公式では以下のような説明がされています。

アカウントのセキュリティを確保する目的から、Google では、お支払いの前に住所を確認させていただいております。

https://support.google.com/adsense/answer/157667?hl=ja

セキュリティのためなのですね。自分たち(Google) が広告費を支払う相手の所在を知っておく必要があるということだと思います。

対象はどんな人?

この住所確認の意義はわかったのですが、どういう基準でこのメッセージが出るようになっているのでしょうか。公式の説明はこうです。

AdSense での収益が認証の基準額に達すると、お支払い先住所に個人識別番号(PIN)が郵送されます。PIN は通常 2~4 週間以内にお手元に到着しますが、お住まいの地域によってはそれ以上かかる場合もあります。

https://support.google.com/adsense/answer/157667?hl=ja

ふむふむ、番号を設定住所に送るからその番号打ち込んでね、それで住所確認になるから、と。

ここで気になったのは、

AdSense での収益が認証の基準額に達すると

の一文です。

僕のサイトはそんなにアクセス数がないのでまだそんなに収益と言えるものはありません。ということで基準額というものを調べてみました。

基準額

公式ページに説明がありました。

https://support.google.com/adsense/answer/1709871#v

日本円で1000円が基準額になるようです。確かに、僕の広告収益(とはまだ言えないのですが。。。)は1000円ちょっとになっていました。これが基準額に達したということなのでしょう。しかし支払いは8000円を超えてからなので、まだまだ先は長いです。1ヶ月に8000円入ってきたらサーバ代の足しになってかなりいいのになぁと思う今日この頃です。

Googleから郵便が来ました!

待つこと約2週間、ようやく来ました。毎日郵便受けを見て「今日もないな。。。」とがっかりする日々が続いたのですが、本日1/4にとうとうやって来ました。Googleから郵便受け取るのはワクワクしますね。

中身はシンプルで、個人識別番号(PIN)の入力方法がステップ1〜4で説明されていて、大きくわかりやすくPINが掲載されています。こういうわかりやすさもGoogleのすごいところだと思います。(すみません、Google派なもので。。。ちなみにこのサイトもGoogleのサーバ上で動いています)

説明の通りにPINを入力すると、本記事に冒頭の写真の表示が消えていました。住所確認成功したということでしょう。

住所間違ってた。。。

Googleから来た郵便物の住所を見てみると、、、まさかの郵便番号が間違っていました!前の住所の郵便番号のままでした。これがなければもっと早く着いていたのかもしれないのか?いや、そんなことより早く新しい住所の郵便番号に直そう!

ということで直しました。

住所の変更は Google Adsenseの

お支払い > 設定の「設定を管理する」 > 「名前と住所」の鉛筆ボタン

で可能です。

これ、PIN入力してから変更したからまた住所確認が必要とかないかな、、、と心配しています。。。

以上、Google Adsenseの住所確認についてのまとめでした。最後までお読みいただきありがとうございました!

By user