はじめに

Flutterで全てのUIページで使用するパッケージってあったりしますよね。代表的なのはpackage:flutter/material.dartかと思いますが、その他にも大体のページで使ってるものってあると思います。そして全てのページで使用するパッケージが変更された時は修正も大変ですよね。

ということで今回はパッケージをまとめてインポートできるような仕組みについて書いていこうと思います。

Importer.dart

これは一般的にそういう名前がついているということではなく私がそう呼んでいるのですが、私のプロジェクトではimporter.dartというファイルに最低限必要なパッケージを書いて、あとはそのimporter.dartを読み込むだけでOKという仕組みを採用しています。

具体的にはこんな感じです。

export 'package:flutter/material.dart'; export 'package:flutter_screenutil/flutter_screenutil.dart';
Code language: JavaScript (javascript)

通常はimportとするところがexportになっていることに気づきましたでしょうか?

このファイルを他のファイルでimportすることでここに記載してあるパッケージやクラスを使用することができます。こんな感じですね。

import 'package:my_flutter_app/importer.dart';
Code language: JavaScript (javascript)

小さいことかもしれませんが、こうすることで一気に必要なパッケージをインポートできますし、また修正も楽になります。

By user