[ボンビーガールを観て思ったこと]マレーシアに移住するのはありなのかもしれない

投稿者: | 2019年10月29日

2019-10-29、ボンビーガールを観ながらこの記事を書いています。

今日のボンビーガールではマレーシア移住についての特集をしています。

マレーシア移住ってどうやるの?

番組で紹介されていたのはこんなサービスです。

日本からネットを通じて移住を申し込み、コーディネータとLINEで連絡し、軽く面談し、マレーシアで働く会社と面接、数日後採用の結果が来るという仕組み。

なかなかいいですよね。マレーシア行きの飛行機代や、最初の2週間住む場所も提供してくれる。仕事は英語を話せなくてもできる日本語対応のカスタマーサービス。

給与

給与は19万円くらいとの事ですが、マレーシアの物価は日本の3分の1くらいなので、19万円=60万円くらいの価値があります。すごいいいですよね。。。

日本で月給60万円ってなかなか難しいですよね。

マレーシア事情

税金

実はマレーシアでは法人税が最長15年かからないとの事です。新しい会社を興すのにすごく適しているようです。番組でも言っていたのですが、電話だけでも会社を作ることができるカスタマーサポートサービスなどは簡単に会社を作れるそうです。

税金がかからないのはとてもいいですよね。成功したらそのまま利益にすることができるのであれば日本企業もどんどんマレーシアに会社を作り利益を拡大することができるのではないでしょうか。

家賃

ボンビーガールではこれまでも結構紹介されていますが、マレーシアの家賃はとても安いようです。

ジム付き、プール付きのマンション(広さ30畳!!!)の部屋が6万円程度で住むことができるなんて、すごいですよね。。でも、日本の物価に換算すると18万円なので、普通に考えてかなりいい部屋ですよね。

食事

外食中心になるようです。

でもレストランでは150円でナシゴレンが食べれたりするようで、日本とは比べ物にならないくらい安いです。

日本の料理用に食材がカットされていたり、日本に対する理解もあるようなので住みやすいかもですね。

日本女性はモテる?

番組で紹介された女性のうち1人は移住4ヶ月ですが、現地の彼氏がいるとのこと。もう1人は4ヶ月のうちで5人に告白されたようです。本人曰く、「日本人だからモテる」そうです。綺麗な方なので国関係なくモテそうな感じしましたよ。

日本人の婚活パーティ

毎週のように日本人が集う婚活パーティが開かれているようです。マレーシアに行って日本人が恋しくなったらここに行って日本人のお相手を見つけるというのも1つの手ですよね。

まとめ

英語知らなくても働けて住むことができて、とってもいいところなんだと思います。もちろん人によって合う合わないはあるでしょうけど、日本(特に関東圏)の家賃や税金の高さなどを考えると、マレーシア進出は決して悪くない選択なのかなと思いました。